埼玉大学
理学部物理学科
理工学研究科物理
機能系物理学コース
 
学科案内

研究室紹介・セミナー情報

入試情報

高校生・受験生の皆様へ

在校生・卒業生の皆様へ

スナップ写真集

アクセス・お問い合わせ
 教員所属
物質科学部門物質基礎領域
 凝縮系物理
理論分野
佐宗哲郎 (教授) 物性理論:とくに強相関電子系における多体問題。遷移金属および希土類化合物における近藤効果、重い電子系、近藤絶縁体、などの研究。
飛田和男 (教授) 物性理論・統計力学:低次元量子磁性体の理論的研究。多層構造、乱れた構造、準周期構造、フラストレーションのある構造など様々な空間構造から生み出される特異な量子磁性に興味がある。
今井剛樹 (助教) 物性理論:強相関電子系における量子多体問題。特に遷移金属酸化物、希土類化合物等で観測される量子相転移や超伝導現象のミクロな機構の研究。
品岡寛 (助教) 計算物性物理学: 第一原理計算や量子モンテカルロ法などの計算物理学的手法を駆使して、強相関電子系における多体問題に取り組みます。
実験分野
片野  進 (教授) 物性実験:強相関電子系の物性−輸送現象・磁性・超伝導などに関する基礎物性の測定。多重極限条件(低温・高圧・強磁場)の導入による新しい相の探索。物性の微視的理解のために中性子散乱実験も行っている。
佐藤一彦 (教授) 物性実験:f電子系化合物、有機物質など強相関電子系物質の低温物性実験。特にミュオンスピン回転緩和実験による磁性・超伝導の研究。
小坂昌史 (准教授) 物性実験:多重極限環境下(高圧・低温・強磁場)における物性研究。特に電子相関の強い、希土類金属間化合物における軌道秩序や磁性を対象としている。
谷口弘三 (准教授) 物性実験:主に有機伝導体の物性を超伝導、磁性、電子相関の効果などに着目し実験研究を行っている。有機伝導体の合成、高圧下物性測定、圧力誘起超伝導体探索などを行う事により、相関電子系の物理を解明する。
 高エネルギー物理
理論分野
吉永尚孝 (教授) 原子核物理学:特に集団運動・殻模型を中心とした原子核構造理論、ハドロン物理学、天体核物理学、および量子系のカオス等についての理論的研究
谷井義彰 (教授) 素粒子物理学:重力を含めた素粒子の統一理論に関連したテーマ、特に、弦理論・超重力理論・超対称性理論について研究を行っている。また、弦理論のゲージ場の理論への応用についても興味を持っている。
佐藤  丈 (准教授) 素粒子論:その中でも、ニュートリノ物理学、世代間の対称性、統一論に基づく模型構築、宇宙論との境界領域、あるいは量子論基礎的な内容を主に研究。
実験分野
井上直也 (教授) 宇宙粒子線物理学:超高エネルギー宇宙粒子線の起源・化学組成に関する実験的研究。また、高山における宇宙粒子線を用いた高エネルギー粒子相互作用の実験研究と関連するシミュレーション研究。
鈴木  健 (教授) 原子核物理学:安定線から離れた原子核の半径・質量等大局的性質や核内核子の運動量分布、密度分布の実験的研究。最外殻核子の波動関数、中性子ハローや中性子スキン等。
田代  信 (教授) X線、γ線、および可視光を用いた宇宙物理学:特に天体による高エネルギー現象の観測を通して、大規模あるいは、高重力下でのプラズマ加熱、粒子加速の機構について研究を行っている。
寺田幸功 (准教授) X線宇宙物理学:X線衛星に搭載する高感度な観測装置の開発を行うと共に、それらを用いた X線天体観測を行い、銀河系内の強磁場中性子星、白色矮星、超新星残骸などにみられる熱的プラズマや、粒子加速などの非熱的現象の研究を行っている。
山口貴之 (准教授) 原子核物理学:不安定核ビームを用いた核構造・核反応の実験的研究。特に蓄積リングを用いた不安定核の質量・寿命測定、および新元素の合成実験を行っている。
連携先端研究部門粒子宇宙科学領域
 ビーム核物理
理論分野
望月優子 (客員准教授) 宇宙核物理学:スーパーコンピュータを用いた元素合成核反応ネットワーク計算や超新星爆発の数値計算、重元素合成の過程に関するγ線フラックス予想、南極氷床を用いた超新星爆発と太陽活動の履歴に関する研究等。
実験分野
井上直也 (兼任)
鈴木  健 (兼任)
田代  信 (兼任)
本林  透 (客員教授) 原子核物理学・天体核物理学:高速の不安定原子核をビームとして用いた原子核反応により、安定線から遠く離れた原子核の構造を探る。また、宇宙初期や恒星の中心核で起きる爆発的な核燃焼過程を研究する。
上坂 友洋 (客員教授) .
トップページへ