埼玉大学
理学部物理学科
理工学研究科物理
機能系物理学コース
 
学科案内

研究室紹介・セミナー情報

入試情報

高校生・受験生の皆様へ

在校生・卒業生の皆様へ

スナップ写真集

アクセス・お問い合わせ
 教員所属
物質科学部門物質基礎領域
 凝縮系物理
理論分野
品岡寛 (助教) 計算物性物理学: 第一原理計算や量子モンテカルロ法などの計算物理学的手法を駆使して、強相関電子系における多体問題に取り組みます。
星野晋太郎 (助教) 量子物性理論:場の理論や数値計算手法を用い、相関電子系や超伝導体における物性の起源解明および新しい法則・現象・機能の開拓を目指す。
実験分野
佐藤一彦 (教授) 物性実験:f電子系化合物、有機物質など強相関電子系物質の低温物性実験。特にミュオンスピン回転緩和実験による磁性・超伝導の研究。
小坂昌史 (准教授) 物性実験:多重極限環境下(高圧・低温・強磁場)における物性研究。特に電子相関の強い、希土類金属間化合物における軌道秩序や磁性を対象としている。
谷口弘三 (准教授) 物性実験:主に有機伝導体の物性を超伝導、磁性、電子相関の効果などに着目し実験研究を行っている。有機伝導体の合成、高圧下物性測定、圧力誘起超伝導体探索などを行う事により、相関電子系の物理を解明する。
小林拓矢 (助教) 物性実験:分子性導体における超伝導、磁気秩序、電荷秩序など、低温で発現する物理現象の性質とその起源を解明するための実験的研究。磁性や伝導性などのマクロな物性測定や磁気共鳴などのミクロな物性測定、有機合成による新物質開発などを行っている。
 高エネルギー物理
理論分野
吉永尚孝 (教授) 原子核物理学:特に集団運動・殻模型を中心とした原子核構造理論、ハドロン物理学、天体核物理学、および量子系のカオス等についての理論的研究
谷井義彰 (教授) 素粒子物理学:重力を含めた素粒子の統一理論に関連したテーマ、特に、弦理論・超重力理論・超対称性理論について研究を行っている。また、弦理論のゲージ場の理論への応用についても興味を持っている。
佐藤  丈 (准教授) 素粒子論:その中でも、ニュートリノ物理学、世代間の対称性、統一論に基づく模型構築、宇宙論との境界領域、あるいは量子論基礎的な内容を主に研究。
実験分野
井上直也 (教授) 宇宙粒子線物理学:超高エネルギー宇宙粒子線の起源・化学組成に関する実験的研究。また、高山における宇宙粒子線を用いた高エネルギー粒子相互作用の実験研究と関連するシミュレーション研究。
鈴木  健 (教授) 原子核物理学:安定線から離れた原子核の半径・質量等大局的性質や核内核子の運動量分布、密度分布の実験的研究。最外殻核子の波動関数、中性子ハローや中性子スキン等。
田代  信 (教授) X線、γ線、および可視光を用いた宇宙物理学:特に天体による高エネルギー現象の観測を通して、大規模あるいは、高重力下でのプラズマ加熱、粒子加速の機構について研究を行っている。
山口貴之 (准教授) 原子核物理学:不安定核ビームを用いた核構造・核反応の実験的研究。特に蓄積リングを用いた不安定核の質量・寿命測定、および新元素の合成実験を行っている。
寺田幸功 (准教授) X線γ線宇宙物理学:X線衛星搭載の天体観測機器や地上からガンマ線観測装置の開発と、それらを用いた X線γ線天体観測を行い、宇宙の熱的プラズマ、粒子加速や重原素合成などの非熱的現象の研究を行っている。
佐藤浩介 (准教授) X線宇宙物理学。X線衛星を用いて銀河や銀河団の高温プラズマからのX線を観測し、銀河や銀河団の力学的及び化学的進化を研究している。また将来の衛星搭載を目指して高X線分光能力をもつX線マクロカロリメータ検出器の開発も行なっている。
勝田哲 (助教) 高エネルギー宇宙物理学:X線天文衛星および可視光天文台を用いた超新星残骸の観測を通じ、元素合成モデルの直接検証や粒子加速機構の解明に取り組んでいる。
連携先端研究部門粒子宇宙科学領域
 ビーム核物理
理論分野
望月優子 (連携教授) 宇宙核物理学:スーパーコンピュータを用いた元素合成核反応ネットワーク計算や超新星爆発の数値計算、重元素合成の過程に関するγ線フラックス予想、南極氷床を用いた超新星爆発と太陽活動の履歴に関する研究等。
実験分野
井上直也 (兼任)
鈴木  健 (兼任)
田代  信 (兼任)
上坂 友洋 (連携教授) .
仁尾 真紀子(客員准教授) 素粒子論:電子やミューオンに関する精密測定に対して、量子電磁気学による理論計算を行なっている。標準模型の厳密検証と破れの探索、そして基礎物理定数の決定に貢献することが研究目的である。
戦略的研究部門X線光赤外線宇宙物理領域
 X線宇宙物理
田代信 (兼任)
寺田幸功 (兼任)
勝田哲 (兼任)
 光赤外線宇宙物理
大朝由美子 (兼任)
秋田谷 洋 (兼任)
トップページへ